中国語で「いいね」「すごい」「すばらしい」は何と言う? いろいろな称賛の表現(発音付き)

会話の中で「いいね」「すごい」「すばらしい」と相手を褒める場面は日常でたくさん出てきます。また、中国語学習を始めて中国語を使いはじめると褒められる機会がたくさんあると思います。特に中国では面子(メンツ)を重んじる文化ですので、相手を褒めて立てることはコミュニケーションの基本です。

今回は、中国語でいう「いいね」「すごい」「すばらしい」などの称賛の表現を紹介します。

合わせてチェックしたいおすすめ記事

中国語で「わかりました」「了解しました」などの同意を表す表現(発音付き)
中国語で「おいしい」「まずい」は何と言う? 食事をするときのいろいろな味や食感の表現。(発音付き)
中国語で「すみません」「ごめんなさい」は何と言う?いろいろな謝罪表現15選(発音付き)

1 中国語のいろいろな「いいね」「すごい」「すばらしい」

このパートでは、称賛の程度が弱いものから強いものまで順番に並べて紹介します。
中国語は形容詞単体だと文に安定感を欠いてしまうため、基本時に形容詞の前に程度を表す副詞を置いて文を作ります。(関連記事https://media.netchai.jp/17787/
今回は形容詞と合わせて、その形容詞とよく一緒に使う副詞も一緒に紹介します。
まずは称賛レベルが弱い(1)からスタートです。

(1)「いい」の「可以(kéyǐ)」

通常は「悪くない」という程度の形容詞ですが、以下のように語気助詞などと組み合わせて使うことで称賛の表現になります。

◇可以可以! kéyǐ kéyǐ! 「いい、いい!」「いいじゃん」

◇可以呀! kéyǐ ya! 「え、いいじゃん!」

┗「意外といいじゃん」というニュアンスです。

(2)「いいね」の「不错(búcuò)」

「错(cuò)」は「間違い」という意味なので直訳すると「悪くない」となりそうですが、実際は直訳以上の褒め言葉で「なかなかいい」というニュアンスです。
「不错(búcuò)」は単体でも使うことができます。

◇不错! búcuò! 「いいね!」

◇真不错! zhēnbúcuò! 「すごいね!」

(3)「いいね」の「好(hǎo)」

基本的かつ代表的な「いい」という形容詞です。
副詞の「很(hěn)」「真(zhēn)」「非常(fēicháng)」「特别(tèbié)」などを一緒に使って褒めることができます。

◇真好! zhēn hǎo! 「(本当に)いいね!」

◇非常好! fēicháng hǎo! 「非常にいいです」

(4)「すごい、すばらしい」の「棒(bàng)」

「すごい」「すばらしい」の褒め言葉に最もよく使われる形容詞の一つです。
副詞の「很(hěn)」「好(hǎo)」「真(zhēn)」「非常(fēicháng)」「特别(tèbié)」「太…了(tài…le)」「…极了(jíle)」などを一緒に使って褒めることができます。

◇真棒!zhēn bàng! 「すごい、すばらしい!」

◇(你)太棒了!(nǐ) tài bàng le!「(君)すごすぎる!」

◇棒棒哒!bàng bàng dā! 「すご〜い!」

┗女性が使うことが多い言葉です。

(5)「すごい、やばい」の「厉害(lì hài)」

「厉害(lì hài)」には「きつい」「恐ろしい」「激しい」などの意味もあり、程度が甚だしい時に使います。褒め言葉では「すごっ」「やばっ」「すごー!」という少し砕けたニュアンスがある表現です。
副詞の「好(hǎo)」「真(zhēn)」「非常(fēicháng)」「太…了(tài…le)」「超(级)(chāo (jí))」「怎么那么(zěnme nàme)」「…得不得了(dé bù dé liǎo)」などを一緒に使って褒めることができます。

◇好厉害!hǎo lì hài! 「めっちゃすごい!」

◇真厉害啊!zhēn lì hài a! 「まじすごいわ!」

(6)「大したものだ、すごい」の「不简单(bù jiǎndān)」

「简单(jiǎndān)」は「簡単」という意味ですので「簡単なことではない」=「すごい」という意味です。簡単には成し遂げられないことを褒める時に使います。
「不简单(bù jiǎndān)」は単体でも使うことができます。

◇不简单。 bù jiǎndān. 「すごい」

◇真不简单啊!zhēn bù jiǎndān a! 「本当にすごいです」

(7)「すばらしい、大したものだ」の「了不起(liǎobuqǐ)」

能力や腕前などを「すばらしい」と褒める時に使います。「大したものだ」というニュアンスが含まれています。
副詞の「真(zhēn)」「非常(fēicháng)」「太…了(tài…le)」「特别(tèbié)」「超(级)(chāo (jí))」などを一緒に使って褒めることができます。

◇真了不起!zhēn liǎobuqǐ! 「本当にすごい、すばらしい!」

◇非常了不起! fēicháng liǎobuqǐ! 「非常にすばらしい!」

(8)「(表現に対して)すばらしい」の「精彩(jīngcǎi)」

芸術や文章、講演、演技などの表現に対して使う褒め言葉です。
副詞の「很(hěn)」「好(hǎo)」「非常(fēicháng)」「特别(tèbié)」「太…了(tài…le)」などを一緒に使って褒めることができます。

◇非常精彩。fēicháng jīngcǎi. 「非常にすばらしい」

◇太精彩了! tài jīngcǎi le! 「すばらしすぎる」

2 スラングやネット用語で「いいね」「すごい」「すばらしい」

◇牛! niú! 「すごい」

┗「うし?」と思うかもしれませんが、これも褒め言葉です。動物の牛という意味もありますが、「すごい」「すばらしい」という形容詞としても使います。

◇太牛了!tài niú le! 「めっちゃすごい!」

◇牛逼/牛B!niú bī! 「すげー!(下品な言葉づかい)」

┗「逼(bī)」は英語のFワードのような下品な言葉ですので、自分から使うことはおすすめしません。使うとしても親しい人に使う表現です。
「逼(bī)」を“B”に置き換えて表記することもあります。
日常会話で聞く機会があるかもしれませんので、知っとく程度に留めておくのがよいでしょう。

◇666! liùliùliù! 「すごい」「強い」

┗中国で使われる「666」は、西洋のように悪魔の数字を表すものではありません。中国語で「6」は「滑らかな、俊敏である」などを意味する「溜(liū)」の発音と似ており、もともとはゲーム実況動画でゲーム操作を褒める「溜liū」の代わりに、入力しやすい「6」が使われるようになったのが褒め言葉になったきっかけです。ネット上では褒める程度が大きいほど「66666」といったように6を連ねます。日本語の「w(ワラ)」みたいな感じですね。
口頭で「666(liùliùliù)」と言う場合もたまに見かけますが、今はそこまで流行っていません。また、中国では指で6を表す時に親指と小指を立てて「アロハポーズ」みたいにしますが、その状態で手首をクリクリと揺らして「666=すごいね」と表すこともあります。

◇赞!zàn! 「(SNSでの)いいね」

┗「いいねする」は「点赞(diǎn zàn)」と言います。

3 まとめ

今回は中国語でいう「いいね」「すごい」「すばらしい」などの称賛の表現を程度の順番に合わせて紹介しました。

特に中国の文化においては、良好な人間関係を築いていくために褒め言葉を使う機会が多く、褒め言葉は必要不可欠なコミュニケーションツールです。

称賛の表現を上手に使えるようになれば、きっと中国語でのコミュニケーションがさらに楽しくなりますよ。



合わせてチェックしたいおすすめ記事

中国語で「わかりました」「了解」「大丈夫」などの同意を表す表現
中国語で「おいしい」「まずい」は何と言う? 食事をするときのいろいろな味や食感の表現。(発音付き)
中国語で「すみません」「ごめんなさい」は何と言う?いろいろな謝罪表現15選

ネトチャイで気軽にオンラインで中国語レッスン!


1日25分からカンタンにレッスン♪ 講師はみんな日本語が話せるネイティブの中国人講師です
オンライン中国語レッスン「NetChai(ネトチャイ)」のトップページへ
  1. 通学時間がないから忙しい方でも続けやすい!
  2. 中国人の講師から本場の中国語を学べる!
  3. 1レッスン251円から受講できる!
  4. 会話主体なので中国語力アップを実感できる!
  5. 1レッスン25分なのでスキマ時間を活用できる!
  6. 朝9時から夜中24時まで受講できる!
  7. 将来的にHSK・中検を受けてスキルアップ!