第11課 : 持続相(否定文)

否定形には “ 没 ”また “ 没有 ” を用います。

持続相の否定文には “ 没(有)~着 ” とします。ただし、述語動詞が目的語を伴うときは、 着 を省略することもあります。

その文型は次のとおりです。

【②否定文】

主語+没(有)動詞+zhe(+目的語)

①持続の “ 着 ” は一般的に消える

   bàbazuòzhefànne 。→baméiyǒuzuòfàn

(お父さんはご飯を作っています。 → お父さんはご飯を作っていません。) 

maxiězhexìnne。 →maméiyǒuxiěxìn

(お母さんは手紙を書いています。 →お母さんは手紙を書いていません。 )

②残存の “ 着 ” は残る

ménkāizhene 。→ménméiyǒukāizhe

(ドアが開いてます。 → ドアが開いてません)

qiángshàngguàzhehuà 。→qiángshàngméiyǒuguàzhehuà

(壁に絵をかけてあります。 → 壁に絵をかけてありません。)

zhuōshàngfàngzhuóshuǐbēi 。→zhuōshàngméiyǒufàngzhuóshuǐbēi

(テーブルにコップを置いてあります。 → テーブルにコップを置いてありません。)

③身体動作動詞も “ 着 ” は残る

zàichuángshàngtǎngzhe。 →méizàichuángshàngtǎngzhe

(彼はベッドに横たわっています。)

jiějiezàizishàngzuòzhe。→jiějieméizàizishàngzuòzhejiějiezàishāshàngzuòzhene

(お姉さんは椅子に座っています。→お姉さんは椅子に座っていません、ソファに座っています。)