中国語学習の記事


中国語の学習は、単に教科書を開いて単語を覚えるだけでは完成しません。時に試験を受けて自分の実力を確認したり、生きた中国語を身に付けるために中国語のニュースを見たり、自分にあった勉強法を選び、多くの中国語に触れることが大切です。中国語学習の記事では、そのような多くの勉強法をご紹介しています。それだけでなく、HSK(中国語標準試験)や中国語検定(中検)など試験の攻略方法も解説します。ぜひ、以下中国語学習の記事とともに、中国語力を高め、仕事や留学など自分の活用したい場面で活きた能力を発揮してくださいね!

    

もくじ
1 HSK(中国語標準試験)
2 中国語検定(中検)
3 中国語に関する試験
4 中国語文法
5 中国語フレーズ、成句、慣用句
6 中国語の勉強法
7 時事の中国語
8 中国語の文化や地理
    

     

1 HSK(中国語標準試験)

HSKは、中国語の汉语水平考试のピンインの頭文字をとってよばれている中国語試験のことです。日本語で正式には中国語標準試験といいます。このHSKは中国政府教育部直属の機関である孔子学院総部と国家漢務が主催しており、中国政府が認定する世界で認められている資格となります。そのため、成績は中国国内だけでなく、日本や世界中で公的証明として活用できます。中国国内の就職、また日本でもAO入試などの大学入試や、ビジネスの場でも提示できますので、現在では幅広い層の人が受験しています。


HSKについて詳しく解説!
中国語学習者が増えるにつれて、HSK(中国語標準試験)への注目も集まっています。はじめてHSKを受験してみようと思っている人、どの級から受けていいかわからない人、先生からHSKを勧められているけどいまいち内容がわからない人、必見です!HSKの日程、レベル、中検との違いなど詳しく解説していきます!

HSK1級に合格する勉強法
HSK1級を受験するということは、はじめてこの試験を受ける人が多いと思います。今回は、HSK1級に合格する勉強法以外にも、その対策方法や、試験の内容、受験会場ってどんな感じ?なのかをご紹介します!試験には、事前の準備がとっても大切ですよね、前もって色々知っておけば安心して受験ができるはずです!

HSK2級に合格する勉強法
HSKは幅が広く、偏りのない標準的な問題が多いようですので、しっかりと対策をしておけば、必ず合格できます!HSK1級を飛ばして、2級から受験することも可能ですので、中国語初級者の人は、HSK3級はまだ受ける自信がないけれども、HSKをとりあえず受験してみたいというならば、2級はおすすめです!

HSK3級に合格する勉強法
HSKは1級から6級までありますが、その中でも初級のレベルになります。「初級」と聞くと試験も簡単そうに思えますが、HSK1、2級は入門レベルですので、「初級」というのは、中国語の基礎ができていることを表しています。ですので、しっかり対策をして試験にのぞみましょう!

HSK4級に合格する勉強法
HSKは世界中のいたるところで試験を受けることができ、中国語のレベルをはかる今やスタンダードな試験となっています。HSK4級には、高校生、大学生、社会人など幅広い人が受験をするようです。HSK4級はしっかりと対策をすれば必ず合格できる試験ですので、受験を考えている人はぜひこちらの勉強法を参考にしてみてくださいね!

HSK5級に合格する勉強法
HSK5級は中国語学習者ならば、中国語を勉強してきて、ある程度身についたかな、というときにまずは自分の実力を試す良いレベルの階級です。日本で中国語を使って何か仕事をしたいというときには、HSK5級以上という条件をよく目にします。ここでは、中国語で将来取得しておくべきHSK5級の合格方法について紹介していきます!

HSK6級に合格する勉強法
HSKは中国の試験なので(日本で受験可能ですが)、日本で購入できる教材が少なかったり、中国語検定とは全く違う設問形式であったりと、中国語上級者の勉強の方法に悩んでいる人も多いはず。でも教材は参考書だけではありません。今回は、HSK6級に合格するためメソッドをたくさんご紹介します!

     

2 中国語検定(中検)

中国語検定とは、一般財団法人日本中国語検定協会が主催する中国語の検定試験のことです。母語が日本語の人が対象ですが、特に受験資格に制限はなく、最近では通訳案内士などのほかの資格の筆記試験免除のために、中国の人が受験したりもします。日本の試験ですので、設問などは日本語で書かれています。中国語を専攻する高校生、大学生のほかに、中国語を仕事で使う社会人の人、就職活動をしている人なども受験します。中国語検定試験、いわゆる中検ですが、日本では英検同様、入試、就職、留学などで活用できます。以下、中国語検定の各級に合格するために勉強法をご紹介します。各級によって、必須単語数や目安の勉強時間も異なりますし、特に中国語検定の場合は準1級と1級は難関中の難関と言われている試験ですので、ぜひ以下記事を参考にしていただき、試験合格を目指してください!


中国語検定について詳しく解説!
中国語検定は、HSKと並び中国語の能力をアピールする手段の一つです。日本で実施している試験ですので、教材などもある程度日本で購入することができます。HSKだけでなく中国語検定も取得しておくと、就職や入試などに役立ちます。ここでは、中国語検定について日程やレベルなど、詳しく解説していきます!

中国語検定準4級に合格する勉強法
中国語検定、いわゆる「中検」準4級は中国語検定の中では一番低いレベルとなりますが、はじめて受験する人やあまり勉強してなくても大丈夫だろうと思っている人!実は、中検は単語を知らないと解けない問題や落とし穴の問題もありますので、受験する前にしっかりと対策をしておきましょう!

中国語検定4級に合格する勉強法
中国語検定の中では準4級についでレベルで言えば低い方の試験ですが、あなどるなかれ!HSK3級並みの試験内容となっていますので、長文も出てきますし、語順問題もあります。しっかり対策をしておけば、必ず合格できますので、受験を考えている人は頑張って勉強していきましょう!

中国語検定3級に合格する勉強法
中国語検定3級は、中国語の基礎がしっかりとできていないと、過去問を解いても、難しいと感じるようなレベルの試験です。突然受験すると「?」となるだけですので、文法、語順、単語など中国語の基礎をかためるということを念頭に、この記事を読んでみてくださいね!

中国語検定2級に合格する勉強法
中国語中級以上の人にとって、英語以外の言語では日本で購入できる教材が少なかったり、自分にあった教材が見つからなかったりと、学習をすることが難しい場合があります。ここでは、教材以外の勉強法もご紹介します!中国語検定2級に合格するためのメソッドや目からうろこの勉強法にご注目。

中国語検定準1級に合格する勉強法
中国語検定準1級は、中国語試験の中でもかなり難しいレベルの試験と言えます。HSK6級と同等もしくはそれ以上のレベルを求められますので、対策をしていても総合的な中国語力がないとなかなか合格は難しいです。中国語検定1級の合格を目指して準1級の試験にのぞむ方がよいと思います。

中国語検定1級に合格する勉強法
ここでは、中国語検定1級に合格するための勉強法についてご紹介します。中国語検定1級試験のレベルは非常に高く、数ある語学試験の中でも群を抜いて難関といえます。それでも、長期スパンで合格を目指して勉強している人はいるはずです!中国語マスターになるべく、合格を目指して、勉強を頑張りましょう!

   

3 中国語に関する試験

中国語の試験には、英語に比べると種類がたくさんあるわけではありません。HSKや中検以外にも、「通訳案内士」や、「TECC(中国語コミュニケーション能力検定)」といった試験があります。実は、日本にはこれまで中国語のレベルを図る試験はありましたが、中国語の「資格」試験はありませんでした。しかし、「通訳案内士」という資格試験ができたことで、仕事にも活かせる中国語の証明ができるようになったわけです。ですので、中国語を使って仕事をしたいという人は、HSKや中検だけでなく、「通訳案内士」や「TECC」の試験にもチャレンジしてみるのもよいでしょう。


通訳案内士について詳しく解説!
「通訳案内士」というと「全国通訳案内士」をイメージされる人も多いでしょう。最近では、資格保持者が都市部に集中しないように、「地域通訳案内士という都道府県が独自で行う試験もあります。今回は、通訳案内士について詳しく解説!試験の日程や内容だけでなく、お仕事についてもご紹介します!

TECCについて詳しく解説!
中国語コミュニケーション能力検定は通称TECC(テック)といいます。日本で受験ができる中国語の試験や資格は、例えば中国語検定(中検)、HSK(中国語標準試験)、通訳案内士、医療通訳士などありますが、他の試験に比べるとコミュニケーションや実践力を重視した試験ですので、今の自分の実力を測るにはよい試験です。

    

4 中国語文法

この章では、中国語の構成や作りについて詳しくみていきます。文法、語順、否定文、疑問文の作り方、ピンインや声調など、中国語を分解して細かく勉強していくと、新しい発見もあるはずです。ですので、入門者、初級者の方だけでなく、初中級以上の方でもよい学習になると思います。確認のためにも、ぜひ以下記事を読んでみてくださいね!


中国語の基本文法をマスターしよう
肯定文、否定文、疑問文、構文だけでなく、語順や品詞についても解説していきます。中国語力をアップさせるには、中国語のリスニング、リーディング、会話など幅広く勉強する必要がありますね。もちろん、文法もその一つです。中国語の基礎文法を理解することで、中国語の勉強がさらに楽しくなりますよ!

中国語の疑問文の作り方を徹底解説!
中国語の疑問文にはたくさんの言い方があります。日本語でも「~ですか?」「~ですよね?」「~ない?」「~どう?」など言い方が違いますね。人によって話し方に癖がある場合もありますし、話し相手との関係性で聞き方も変わってきたりします。ここでは、中国語の様々な疑問文の作り方についてご紹介してきます!

ピンインについて詳しく解説!
ここでは、発音と声調について解説していきます。日本語は母音が少なく、外国語の発音を難しく感じる人も多いかと思います。中国語の発音をより丁寧に理解することで、できるだけネイティブに近い発音を目指していきましょう!ただし、あまりにもピンインや声調にこだわりすぎて中国語の学習が嫌になってしまわないように、気をつけましょう。

     

5 中国語フレーズ、成句、慣用句

外国語を勉強するときに、文法を細かく学ぶのもよいですが、フレーズごと覚えてしますという手もありますね。フレーズごと覚えてしまうことで、中国語会話ができるようになりますし、応用の文も考えて作ることができます。まずは、「中国語基礎必須フレーズ100句」を覚えていきましょう。また、自己紹介もフレーズのようにそのまま暗記することで、自分にとってどんなときでも使うことのできる便利な中国語となります。ぜひ記事を参考にしてみてください。


中国語基礎必須フレーズ100句
ここでは、中国語の日常会話の中で、これだけは覚えておきたい基本フレーズを100句ご紹介します!丸々フレーズごと覚えることで、スラスラと口から中国語が出てきて、会話の幅がさらに広がること間違いなし!「今回は、そんな日常の中で必ず使うことのできるフレーズを厳選してご紹介します!

自己紹介に使える中国語をご紹介
自分のことをしっかりとできることは、中国語会話の第一歩です。また、中国語で正しく自己紹介ができると、中国語会話にも自信が持てるようになりますし、相手とより仲良くなることができます。まずは、名前や出身地など基本的なことを、そして会話がどんどんはずむフレーズも学んでいきましょう。

中国語のビジネスメールの書き方
ここでは、お仕事で使える中国語のビジネスメールの書き方についてご紹介します!中国のビジネスメールは、日本のルールと違うところもたくさんあります。お仕事で中国語を使っている人は、ぜひ記事読んで、中国語でビジネスメールを書くことができるように頑張ってみてください。


絶対覚えるべき!中国語成句100語
ここでは、中国語でよく出てくる必須の成句100語をご紹介します。初級の人におすすめです。そもそも、成句とは習慣的に使われる二語以上から成るきまり文句やことわざのことを言います。成句を覚えるだけでなく、その成り立ちから中国の歴史や文化を知ることができ、実は面白い分野なのです。



日常会話によく出る!成句328語パート1
中国語の成句は、会話でもよく出てきますので、できるだけたくさん覚えておいた方がよいですね。漢字を見ながら、意味を推測するのでもよいですし、一つの漢字を丁寧に調べて意味を確認するのも勉強になります。例文をみて、使い方を分かっておくと、さらに暗記がすすみますよ!


日常会話によく出る!成句328語パート2
今回は、第二弾、成句ピンインL~Wをご紹介します。328句と聞くと多いなと思う人もいるかもしれませんが、日本語に似た成句や、漢字を見て意味を想像しやすい成句もあります。 比較的覚えやすく、勉強しやすいと思います。ピンインだけでは覚えるようにしましょう。

日常会話によく出る!成句328語パート3
今回は第三弾成句ピンインX~Zをご紹介します。X、Y、Zではじまる成句はたくさんあります。これは、例えばXは「心」という字が多かったり、Yは「一」という漢字ではじまる成句が多いためです。他の漢字と組み合わさって意味を成しますので、全体の意味の成り立ちを覚えましょう。

     

6 中国語の勉強法

中国語の勉強は、人ぞれぞれ自分に合った勉強法を選ぶことからはじまります。ドラマが好きだという人は、実際に中国語のドラマを見るところから、「今なんて言ったんだろう」という興味で中国語を調べはじめます。歴史が好きな人は、中国の歴史ゲームや出てくる地名などに興味をもち、中国語を勉強しはじめます。きっかけはみんなそれぞれですよね。しかも、勉強法も人それぞれで良いのです。記事では、動画、YouTube、アプリなどを使った勉強法もご紹介しています。教科書以外の勉強法にもぜひご注目ください。


中国語入門者向けの学習法をご紹介
ここでは、中国語をこれから勉強しよういう方向けの勉強法をご紹介します。ポイントは、まずは耳から中国語をたくさんインプットすることです。それだけでなく、中国語を楽しみながら勉強することで、途中で挫折することなく、根気よく勉強することができます。おすすめの教材も要チェック!

中国語の成句・慣用句の勉強法
さあ、中国語の成句・慣用句を勉強しましょうと言われて、難しいな~、覚えたくない~、後回しにしようかな~、と思う人もいるかもしれませんね。その気持ちはよくわかります。しかし、成句・慣用句は中国では日常会話にたくさん出てきますし、HSKや検定試験にも出てくる分野ですので、必ずマスターしておいた方がよいでしょう!

YouTubeの動画を使った学習法
YouTubeを使うことで、インプットする情報量は確実にアップします。中国語の教科書や教材選びに迷っているそこのあなた!ぜひYouTubeも選択肢の一つとして考えてみてください。いっきに、中国通になれること間違いなし!この機会に動画をどのように活用するのか、ノウハウを身に付けてみてはいかがでしょうか。

中国人気アプリで中国語を伸ばそう!
今回は、中国の人気アプリと動画サイトをご紹介します!日本でも使うことができるアプリもありますので、中国語の勉強にもなります。とくに、SNSなど自分の記事を投稿できるアプリは、相手からの「いいね」があったり、ネット用語もたくさん学ぶことができます。他の人の投稿をみて、色んなコメントも読んでいると面白いですよ!

中国の番組を日本でみる方法
中国全土で1000チャンネルを超えるほどの数があります。地域によっても放送されている番組は違いますし、ずっとニュースを流しているチャンネルもあります。今回はあたかも日本にいながら中国留学をしているかのような感覚になれる、日本のテレビでたくさんの中国の番組を自由に視聴できる方法をご紹介します!

中国国内版アプリのダウンロード方法
以前、TikTokをみていたときに、中国でも人気の日本人TikTokerがいることを知り、中国版のTikTokでぜひ見てみたいと思い、APPをチェックしました。中国版TikTokは「抖音」というアプリで、もちろんすべて中国語。中国国内版のアプリをダウンロードして、中国語の学習に役立てることができますね。

中国語入門者向け教材ベスト8
今回は、中国語入門者向け教材の紹介をしていきます。中国語を勉強したい!でも、何からしてよいのか分からないという人にも、中国語を独学で勉強したいという人にもおすすめの教材があります。教材ですが、耳から入れることを大切にしているものもありますので、ぜひ参考にしてください!

    

7 時事の中国語

ニュースをみていて、よく中国政府の人が会見をしているシーンを目にしますね。あれは、何と言っているか理解できますか?生活の中の日常会話、よく使われる中国語フレーズも大切ですが、ニュースで使われる用語、単語もとても大切です。単語力が身につきますし、時事にも詳しくなります。固有名詞は覚えるのが大変ですが、これを知っていると知っていないとでは、やはり中級以上で差がでてきますね。ぜひ、時事の中国語にも興味をもち、調べてみるとよいでしょう。


ウクライナ情勢の中国語をご紹介
今回は、ウクライナ情勢に関する中国語をご紹介します。ニュースをみていて、「あれ、この言葉って中国語で何ていうんだろう」と中国語学習者で思っている方もいらっしゃると思います。ニュースをみて、気になることがあれば、どんどん調べるとよいですね!気になる中国語を一挙大公開します。

新型コロナ感染症の中国語をご紹介
コロナウィルス感染症(以下「コロナ」)の中国語用語を知っていると、中国語圏の情報を自分で確認することもできますし、中国の人とコ話をすることもできます。このような固有名詞は普段は限定的にしか用いられませんが、固有名詞だからこそ大切で覚えておいた方がよいと思います。

冬季北京五輪の中国語を徹底解説
今回は北京冬季オリンピックの中国語をご紹介します!オリンピックは4年に1回しか開催されませんが、実はオリンピックの中の用語には、スポーツ大会でよく使われる言葉も入っています。ですので、オリンピックの中国語を勉強すれば、さらにいろいろなスポーツ大会を楽しめますよ!

    

8 中国の文化や地理

中国語力をアップさせるには、中国語の語学だけを勉強していても十分とは言えません。やはり、中国の生活文化、中国の歴史地理を知っておくことで、中国語への理解が深まります。ここでは、中国の文化や地理についてご紹介していきます。日本と全く違った習慣や文化があり、異文化を学ぶことの楽しさがプラスされて、中国語学習がさらに楽しくなりますよ!


中国で人気の名ドラマ10選
実は今フツフツと人気を集めているのが中国の華流ドラマ!特に中国時代劇のスケールたるや、制作費50億円以上のものもあり、悠々とした中国の歴史を舞台に、その壮絶かつ壮大なストーリーが人気を博しています。ドラマ大国の中国、時代劇だけでなくラブコメディーやホームドラマも面白いものがたくさんありますよ!

中国の都市の略称をご紹介!
中国では、様々なところで各都市の略称が使われています。日本だと、以前は車のナンバープレートを「品川」を「品」などど表していたと思いますが、それと似たような感じですね。中国では都市の名前とは全く違った漢字を使うこともあります。知っておくと、とっても便利な中国の都市の略称を今回はご紹介していきます!